NEWS

KCR01M高性能丸目機をよりコンパクトに!

2019年8月29日

 
 
□ 機器紹介
 
工揮製 高性能円筒型丸目機をよりコンパクトに!
 
小型機器のお知らせ第二弾:KCR01M
 
 
 
従来サイズの円筒型丸目機KCR01に比べて、本体サイズ20%のスケールダウンを実現。
丸目距離は従来機(KCR01)と同等を維持。
円筒型丸目機では今までなかった800㎜×800㎜のコンパクトサイズを実現。
ドラムシリンダー部にはコーティング施工。
生地が付きにくく、清掃も簡単になり、時間短縮に。
また、本体フレーム部にもコーティング施工。
衛生的です。


 
動画は以下よりご覧ください。
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
・円筒型ラウンダーとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
円筒型ラウンダーは傘型ラウンダーと違い、生地にやさしい丸目が可能です。 傘型ラウンダーはねじ込みながらラウンディングするので、生地の締まりは良いのですが、 生地ダメージが多くなり、また生地漏れも多くなりがちです。 円筒型ラウンダーは生地をねじ込む事なく丸めるため、生地ダメージが少なくなります。
 
お気軽に円筒型コンパクト丸目機KCR01Mについてお問合せ下さい。
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆開発のきっかけとエピソード
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【開発のきっかけ】
 
1)工場内のスペースが限られているため、同じ小型傘型丸目機しか選択肢がない。
 
2)傘型→円筒型に更新している工場が多く円筒型がいいと聞くが、大きい丸目機は金額も高く、スペースもない。
 
という、お客様が多いと感じられました。 生地にやさしく丸まりのいい円筒型丸目機はサイズも大きく、金額も高額になるため、 「小型かつ、丸まりもよく、お求めやすい金額」を実現するため、様々な工夫を致しました。
 
ただ小型化するだけでは丸まりが悪くなってしまいます。 丸まりをよくするために、距離を伸ばしました。 通常1+1/4回転のところ、1+3/4回転に伸ばしました。 これにより、大型機と遜色のない丸目を実現する事ができました。
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆ 導入実績 KCR01M
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
コンパクトサイズなため、中規模学校給食パン工場等からご好評いただいております。


 
 
【学校給食パン工場A】

 
 
以前利用していた機器:他社製小型傘型ラウンダー →導入機器 KOKI:円筒型コンパクト丸目機KCR01M
 
■課題
 
丸まりが悪く、粉付きが悪いのでプルファー内で開いてしまい、プルファー出口で詰まりが発生する。
 
■結果
 
丸まりが改善され、オプションの回転シュート(粉付け装置)を選択したことにより、 粉付きも良くなって、プルファーでのトラブルがなくなった。




 
【店舗販売&学校給食パン製造工場 B】


 
 
以前利用していた機器:海外製傘型丸目機
 
→導入機器 KOIKI:円筒型コンパクト丸目機KCR01M
 
■課題
 
傘型シリンダーにはコーティングはなく、溝もあるため、日々の清掃が大変。 また生地漏れも多く、生地カスが生地玉に付着してしまう。
 
■結果
 
ドラムシリンダーにはコーティングしており、溝もないため清掃が簡単に。 生地漏れも少なく、カス受けもあるため、生地カスの混入がなくなった。
 
等々、さまざまなお声が届いております。




 
神奈川県横浜市の弊社工場ではKCR01Mを実際にご覧いただけます。
お問合せ心よりお待ちしております。
 
 
 
弊社では機械を使って頂いたお客様に喜んでいただけますよう、お客様から頂いた意見やご要望を第一に開発設計をして国内で製作しております。
お困りの事などございましたら、お気軽にご相談ください。